トマトダイエットで激ヤセ(12年2月)

トマトで1ヶ月5kg痩せた?

トマトジュースを毎食3回飲むだけで1ヶ月で5kg痩せられる夢のような商品が開発されました。それがこちらの「激ヤセトマト」。あの京都大学が発見した脂肪酸「13−OXO‐ODA」が濃縮された、これまでに無いトマトジュースです。
もちろん特定保健用食品。大反響のため1万本限定発売です。

    激ヤセトマト
  • 商品名:激ヤセトマト
  • 単価:300円
  • 特典:今なら10本で1本追加サービス
  • 成分:京都大学で研究された中性脂肪を燃やす「13−OXO‐ODA」を大幅濃縮
  • 購入はこちらから
  •  

このHPを最初から読んでくれている人はわかると思いますが、この話は真っ赤な嘘商品です。トマトに関するこんな記事が出たそうで、スーパーじゃトマトジュースが品切れ状態だそうです。スーパーからトマトが消えた!脱メタボ“特需”でバカ売れ〜

こんなニュースが流れているのであれば、上で書いたような商品が出回るだろうと思い皮肉のつもりで作ってみました。もしそんな宣伝が出てきても生暖かい目で見守っていきたいものです。(商品のリンク先は当サイトの紹介動画です)

ホメオスタシス(恒常性維持機能)

納豆が脂肪燃焼効果があるといわれれば、納豆が店頭から消え、バナナが効くという言えばバナナに殺到する。もうこんな行動するのやめませんか?

人間はホメオスタシス(恒常性維持機能)という機能を持っています。これは現状の体の状態を維持しようとする体の機能です

※恒常性とはい「一定して変わらないこと」という意味です。反対は変化・変質性など「移り変わっていくこと」という意味になります。理科で習った「恒温動物」「変温動物」が解りやすい例です。

解りやすいのがビタミンでしょう。レモン1000個分のビタミンCが売り文句のジュースが売ってたりしますが、あれを飲んだからと言ってレモン1000個分のビタミンCは体に吸収されません。999個分くらいは尿と一緒に排出されてしまいます。

大量にビタミンCが体に入ってきてそれを取り込んでしまったら、体の栄養のバランスが崩れてしまいます。こういう極端な体の変化をホメオスタシス機能が防いでくれているのです。

ダイエットも同じですよね。1日や2日極度の運動をしてもすぐに痩せるわけではありません。体重が落ちたり上がったりしながら徐々に体の状態が変化して体重が落ちていきます。これまホメオスタシスの効果の1つです。

だから、脂肪燃焼に効く食べ物を大量に買ってきて短期間で摂取したとしても、体には吸収されずにその殆どは対外へ排出されてしまいます。もちろん長い目で見て毎日食べていくようにすれば効果は出てくると思いますので、脂肪燃焼に効く食べ物を少し食生活に取り入れていく形が一番自然でしょう。

「TVでやってる⇒大量買い込み⇒大量摂取⇒1ヶ月後何もしない」じゃ何にもなりません。情報に踊らされているピエロ状態でしょう。

もう少し冷静になろうよ

トマトの論文が発表された記事にはきちんとマウス実験の段階であることが書いてあるし、すぐにダイエット効果があるかどうかは解らないとも記載があります。今回の発表はまだまだ研究段階の話です。
「いつ、どのくらいトマトジュースを飲めば良いのか?」という質問も殺到しているそうで、京大側も良い迷惑でしょうね。

トマトが中性脂肪の燃焼助ける…京大グループ

スーパーでトマトジュース売り切れの記事には「トマト・売り切れ・脂肪燃焼」しか書かれていないので、初めてその記事を見た人は間違った情報の解釈をしてしまいそうですね。マスコミの偏向報道が問題になる昨今ですから、もう少し正確な記事を書いて欲しいもです。

でもトマトが痩せると聞いただけでそれを買いに走る消費者側はもっと問題かもしれません。マスコミが「右に動けー」といえば右にフラフラ、「左だー」というえば左にフラフラ、そりゃ記事を書く方も真面目に記事を書く気もうせるでしょう。もう少し冷静になれないものでしょうか?

▲TOP

Copyright(C) "ストレス無しダイエット" All Rights Reserved