ダイエット商品は痩せてから

痩せた後にやる商品がほとんどです

ダイエット商品と聞くと、「痩せるために使う」と想像しがちですか、そのほとんどは「痩せた後に使う」と効果的なものがほとんどです。

売る方は太っている人、痩せている人どっちに売ってもおんなじですから、この辺をごちゃまぜにして宣伝するので、受ける方は混乱してしまいます。

典型的なのが運動です。運動してもたいして痩せませんが、体を引き締めたり、健康的になるには向いています。

サプリメントなんてのも同じです。太ってるのに栄養なんて取っちゃダメです。まずはその余分な脂肪を取ることから始めてください。

足痩せなんてのもあるそうですが、体が太っているのに足だけ痩せたら気持ち悪いことこの上ありません。人間の体は理由があってそのサイズになっているのですから、強引なダイエットをしても意味がありません。

痩せてから磨きをかける

ダイヤモンドを想像してください。ダイヤモンドだって最初からあんなにキラキラしているわけではありません。鉱山から掘り出された時はまだゴツゴツした石ころと変わりません。まさに原石です。

それを余分なところを削りおとして、ちょうど良いくらいの大きさにしてから、カットの作業が始まります。カット数に比例して輝きが増すそうですが、磨けば磨くほど(努力すれば努力するほど)綺麗になるのは人間と同じようです。

ダイエットで失敗する人は、ダイヤの原石の段階からカットを始める人が多いのです。例え話をだせばおかしな行動だとわかるのですが、やせたい気持ちが専攻しすぎて周りが見えないのでしょう。

もちろん原石の段階から磨き始めても、いつかは綺麗なダイヤモンドになることもあるかもしれません。でもスピードが遅すぎます。痩せている人はドンドン綺麗になっていけるのに、太っている人は脂肪が邪魔してなかなか前へ進めません。これではウサギと亀の競争です。

だからダイエットのために色々な器具を買ってしまった人でもがっかりする必要はありません。磨きをかけるためにはやはりお金も必要です。ダイエットの宣伝に出てくるようなモデルの人はやっぱりその道のプロだけあって相当努力されているはずです。

痩せてから磨きをかける。綺麗になりたいと思う人はまず、スタートラインである「痩せた状態」になることを目指しましょう。

▲TOP

Copyright(C) "ストレス無しダイエット" All Rights Reserved