1日3食は太る

太りたい痩せている人から学ぶ

発想を逆転させて物事が上手くいく例はたくさんありますが、ダイエットも発想を逆転させて考えると、ダイエット成功のヒントをたくさん見つけることが出来ます。それは「太りたい人」の情報を探すことです。

通常ダイエットって考えると減量することに成功した人の体験談などを探すことが多いと思いますが、その逆で太ろうとがんばっている人について調べると痩せる為の情報をたくさん見つけることが出来ます。だって痩せている人の生活を真似てやれば簡単に痩せられるからです。

そこで紹介したいのが「脱ガリガリ!逆ダイエット日記」です。管理人のぴっちさんの太ろうとする努力がたくさん書かれてあるのですが、その中でこんな注目すべき記事があります。

とりあえず食べる/・目標は1日3食【一部抜粋】
「確かに人から言われるまでもなく、私が一日を通して食べる量は少ないです。普段から間食をほとんどしないので、普段の1日2食か休日の1日1食のみで生きていくのに必要なカロリーを取らなければなりません。」

ぴっちさんは1日2食のことが多いそうなのですが、痩せているそうです。この内容を読んで皆さんはどう思うでしょうか?私は「そりゃ痩せる」と当然のごとく思うのですが、同じように感じていただけるでしょうか?

でもちょっと待って下さい。ダイエットの情報を探すと「ダイエットの基本は1日3食」や「1日2食にすると太ってしまうからダメ」という内容良く見かけます。良く見かけるどころかダイエットの常識だといわれているようなことです。

皆さんの中でも「ちゃんと1日3食たべていないから太るんだ・・・」と思い込んでダイエットのために3食たべる努力をしている人も多いと思います。でもこの常識が本当ならぴっちさんはずっとぽっちゃりだし、そもそも逆ダイエット日記なんて書こうとも思わないでしょう。明らかにこのダイエットの常識はぴっちさんの記事と矛盾しているのです。

とすると、どちらかの情報が間違っていることになるのですが、私の経験も合わせて判断すると「ダイエットの基本は1日3食」の方が間違っています。私も1日2食にして7ヶ月で25kgも減量できたからです。1日3食たべると単純に2食よりカロリーが多いわけですから太るなんて当たり前のことです。ダイエットには1日2食が最適なんです。

私たちはテレビや雑誌などで「ダイエットは1日3食が基本」ということをあちこちで見かけるため、なんとなく洗脳されてしまっているのですが、痩せている人の生活をちょっとのぞかせてもらうと実は太らないということは実に単純で「食べていないから」ということが解るのです。

[PR]

▲TOP

Copyright(C) "ストレス無しダイエット" All Rights Reserved