お酢でインスリン対策

お酢でサッパリ食事を楽しもう

血糖値を上手く利用するで書きましたが、血糖値を下げるために体内で分泌されるインスリンが余ってしまうと、そのインスリンは血液の中の糖分を脂肪に変える働きをしてしまいます。

だから、インスリンが過剰に出てしまうと体に脂肪が付いてしまう危険性が出てくるわけです。(この仕組みを利用しているのが、アメリカが発祥の低インスリンダイエットです。)

ダイエットのためには、インスリンを必要以上にだすのを防ぐ必要があります。それに最適なのが「お酢」です。お酢はインスリンの分泌量を抑える効果があり、食事の時に一緒に食べれば過剰なインスリン分泌の予防になります。

私もダイエットをしている時はサラダやラーメン、定食のときは味噌汁に御酢を入れて飲む、揚げ物を食べたいときは揚げ物にお酢をかけて食べていました。

ダイエットのためにそこまでする?と思ったあなたも、だまされたつもりでお酢をかけて食べてみてください。以外にもサッパリ食べれておいしいですよ。私はダイエットが楽しかった時はカレーにまでお酢をかけて食べていましたが、想像するほど悪く無かったです。(実はカレーのスパイスってインスリンをたくさん出す効果があるので、それを抑えるためにかけてました。)

あと、レストランとかで周りを見ていると、お酢をかけている人って結構多いんですよね。インスリン対策のためにやっているのかどうかは解りませんが、食事にお酢をかけるのって以外にはまります。私もダイエットに関係なく今でもラーメンにお酢を入れて食べますよ。(カレーにはもう入れてませんが(笑))

[PR]

▲TOP

Copyright(C) "ストレス無しダイエット" All Rights Reserved