食事の時に水を飲まない

よく噛むとダイエットに効果あり

私は食事の時には水を飲まないようにしています。「えっ、食べにくそう」って思われるかもしれませんが、慣れれば平気です。何故飲まないかと言うと、水を飲むとどうしても噛む行為がおろそかになってしまうからなんです。

よく噛んで食べるのは色々いいことがあります。あごの筋肉を鍛えるので、あごのラインが綺麗になるし、消化もよくなるのでお肌にも良い。何より、ゆっくり噛んで食べると満腹中枢が刺激されるので、ダイエットにも最適です。

ストレス無しダイエットでは午前中にしっかり水分を取っているので、それだけ考えても水が無くても全然平気です。それに水は無くても食事の時はスープとか味噌汁などから水分もとれるので、水が無くても全然気になりません。

でも、最初のうちは少しコツがあります。それは先ほど言いましたスープや味噌汁、サラダなどの水けがあるものから食べた方が食べやすいです。私も最初のうちはそうやっていました。

でも慣れてくれば、逆に水けが無いものから食べるのもいい作戦です。水けがない分よく噛むようになるので、必要以上に食べなくてよくなります。

さらにお腹に入ったご飯に最後に味噌汁を流し込んでやると、お腹の中でご飯が味噌汁の水分を吸い取って少し膨らんだような感覚が味わえます。要はおなかの中で雑炊みたいなってるわけです。そうすると満腹感が増加しますので、食事の量も少なくて済みますよ。(ご存知の方も多いと思いますが、雑炊はご飯を普通に食べるより満腹感が増します)

[PR]

▲TOP

Copyright(C) "ストレス無しダイエット" All Rights Reserved