朝ごはんに金使え

朝ごはんは1兆円5000億の市場規模

仮に1回の朝ごはんが300円かかるとした場合に、年間の朝ごはんの市場規模は1兆5000億円になるそうです。どうです?朝ごはんってすごい利権がからんでるんですよ?

食事だけでも1兆5000億円です。これだけのお金が購買で動くということは物も動きます。食品産業は加工用の機械を買ったり、作った商品を運ぶためにトラックも動きますよね。店もそのぶん売り上げも伸びます。

もちろん「朝ごはん」を食べて太った人がいれば、今度はダイエット産業が儲かります。実は医療業界も儲かるんですよ。メタボリック検診の市場規模は2000億円ですから、太った人は大歓迎なんです。

だから、とにかく食べてもらわなければ企業は儲かりませんので食べろ食べろの大合唱になります。政府も利権確保のためにこれに乗っかります。芸能人を使って宣伝活動、ポスターを使って教育活動、理由はどうでも良いからとにかく朝ごはんが国民の口に入れば良いのです。

政府は「朝ごはん買え、金を使え、経済に貢献しろ」って言ってるんでしょうね。見殺し政府が国民の健康のことなんて考えていると思いますか?

朝ごはんの利権構造

    朝ごはん利権

朝ごはんの利権構造を見ると上の図の様になります(図はクリックすると大きくなります)。国民にお金を使わせる利権構造は「めざましごはん」と「原発」はまったく同じです。

  • @政府がキャンペーンをする
  • A儲かる企業がメディアにCM代を出す
  • Bメディアが御用学者を使って有利な番組作りをする

中身が違うだけで、後で書いているCO2削減メタボリックなどのプロパガンダによる金儲けの構造も同じです。儲けたい企業がいて、それを政府が後押しする構造はどの業界も変わりません。CO2なら電気・車業界だし、メタボなら医療業界が上の図の真ん中に入ってきます。別の書き方をすれば

@政府A企業Bメディア、この三身一体の宣伝で国民にお金を使わせているんです。

金で転ぶ学者は山ほどいる

朝ごはんが健康に良いと信じている人で「朝ごはんの検証番組」を持ち出す人がいます。だいたいどんな検証番組も似たパターンなのですが、朝ごはんを「食べる組」「食べない組」に分けて、「食べる組」の方が有利な結果で終わります。

でも、金を積めばそんな検証結果を持ってくる学者はいくらでもいます。いわゆる御用を聞いてくれる、御用学者です。

福島原発の事故が起こった後に、たくさん御用学者をテレビで見かけましたよね。東京大学や東京工業大学の教授が出てきてテレビで、「放射能安全」「セシウム食べても大丈夫」の繰り返し説明を行っていました。

柚木ミサト

でも日本には「1年1ミリシーベルト」しか国民に被爆させてはいけないという法律があったのです(「放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律」)。もちろん御用学者も専門家ですからそのことは知っています。だから本来は「放射能は危険です」「できるだけ被爆を避けてください」と科学者であれば言わなければならなかったのです。

でもそれをやらずに、御用学者たちは誤った情報で人々を被曝させ続けています。信じられないですよね。
(イラスト:柚木ミサトさん

朝ごはんが体に良い実験なんて「朝めし前」

人の命にかかわる放射能の情報でさえ、誤った情報を流す御用学者がいるくらいです。「健康に良い」「頭がよくなる」などの朝ごはんの検証結果を作る御用学者なんてゴロゴロいます。それこそただちに健康に影響はありませんから、誇張された検証結果でも黙認されるでしょう。

それに金さえあれば、一般人のの私でも「朝ごはんを食べれば頭が良くなる実験結果」なんて簡単に作れます。ランダムに標準的な小学生を20名集めて、10名は朝ごはんを食べさせて、残り10名は朝ごはんを食べさせません。テストをして朝ごはん食べた組が成績がよくなるまで、実験を続ければ良いんです。都合の良いデータが取れたら、「朝ごはんで頭が良くなる」検証結果は一丁上がりです。

もっと露骨にやるなら朝ごはん食べる組に成績の良い子だけを集めておけば良いんです。標準的な小学生の定義なんてあいまいですし、被験者がどこの誰かなんて視聴者にわかりっこありませんしね。

テレビ番組のダイエット特集なら、見る側もバラエティとして見ているだけなので、実験結果を細かく検証する人なんていないでしょう。もし仮にばれても「バラエティですから」で謝れば済むし、下請けの製作会社が責任を取らされるくらいで終わりです。納豆ダイエットが良い例ですよね。

芸能人による宣伝活動

宣伝活動も原発と比較すると解りやすいです。原発は利権構造が大きいのでテレビCMにも力を入れています。朝ごはんを食べよう!ってCMもたまに見かけますが、原発ほど利権が大きくないので「朝ごはんキャンペーン」はポスターが一般的です。

私はこういう宣伝活動に出る芸能人を責めるつもりは全くありません。芸能人は自分自身が広告塔ですから、できるだけテレビに出て、お金を稼ぐのは当たり前だからです。

でも、「なぜこんなにお金をかけてまで宣伝するのか?」と宣伝のウラを読んで私たちは騙されないようにしたいものです。芸能人が言ってるから、そのCMが正しいわけはありませんよね。芸能人はギャラを貰って宣伝しているだけです。

あの名匠・星野監督もすすめていたプルサーマル原子力発電所はどうなりましたか?

3号機爆発

ご存知のとおり大爆発です。(図はクリックすると大きくなります)

比較物が無かったから解りにくかった人も多いと思いますが、東京タワーを越す高さまで噴煙が上がるほどの大爆発だったのです。海外では核爆発だと報じられていました。

普段はあれだけ「世界唯一の被爆国として、戦争の恐ろしさを伝えていく」と声高に訴えている政府が、放射能拡散の危険が一番高い原発をこの狭い日本に52基も作り続けてきたのです。「ノーモアヒロシマ」「ノーモアナガサキ」がいかに中身の無いスッカラカンなプロパガンダだったかが解ります。

ちなみに日本は今回の事故で「通常運転中に4基の原発を爆発させた世界で唯一の国」という不名誉な世界NO1の2つ目を手に入れてしまいました。チェルノブイリの原発事故は試験運転中でしたし、スリーマイルアイランドの事故は爆発をしていません。

こんな日本を世界の人たちはどんな目で見ているのでしょうか?

最後は教育活動

最後は国民への教育活動です。
@TVで宣伝してA芸能人で普及させB国民が自ら学ぶ様に教育する。この3ステップでプロパガンダが完結します。

原発のポスターは心が痛みますね。未来を信じて書いた原発のポスターのお返しが放射能とはブラックジョークにもなりません。これを書いた子供も被爆してしまったのでしょうか?

「わずかなお金で子供を釣って金儲けの道具にする」こういうポスターって子供をダシにする狙いがミエミエで、いつ見ても気持ち悪さを感じます。

ただちに健康に影響は無い

私は朝ごはんが体に悪いと信じていますが、もちろん朝ごはんを食べたからと言って、すぐに不健康になるわけではありません。

枝野さん的に言えば「ただちに人体に影響は無い」というところでしょうか。

でも朝ごはんを控えるだけで、1年で考えると365回もの食事を減らすことができます。それだけ内臓への負担を少なくすることができるのです。これが10年、20年になると朝ごはんを食べると人と食べない人の胃腸の状態はかなりの差がでるでしょう。

胃腸も体の一部ですから、休む時間も与える方が良いに決まってます。16時間かけて食べ物を消化する胃腸なのに、1日3食だと内臓を休める時間がありません。筋トレを24時間やり続けて一度も体を休めないのと同じです。

また成人病の多くは栄養の取りすぎによる病気がほとんどです。ぜいたくな話ですが、今の日本で栄養を取るのに困ることはありません。逆に栄養を控える方が難しいのです。

現代の社会生活では、昼食と夕食は社交の場で抜けないことがほとんどです。だから「朝ごはん」を抜いてしまいましょう、ただそれだけのことが今の日本では通じません。金を使わせようとする政府のプロパガンダなんかに騙されずに、朝ごはんを抜いて健康的に暮らしたいものです。

[PR]

▲TOP

Copyright(C) "ストレス無しダイエット" All Rights Reserved