タバコのマナーで金儲け

たばこのマナーキャンペーン


たばこのマナーのCMやポスターって見たこと無いですか?あれって喫煙者のマナー向上のためだと思っていたら大間違い。あれもお金儲けなんですよ。

JTホームページ:マナーグラフィックギャラリー
JTホームページ:TVCM

タバコのマナーCMは「タバコの販売促進のためのCM」なんです。マナーのCMなのに不思議ですか?日本ではタバコの具体的な銘柄などのテレビCMを流すことは禁じられています。テレビで「マイルドセブンがおいしい」とか「マルボロメンソールは最高」というCMは見たことがないでしょ?

そこでJTは考えたのです。「タバコのCMじゃなくて内容を"マナー"にすりかえれば、テレビで堂々とCMを流せるじゃないか」と。

たばこはご存知のとおり中毒性があります。だから、普通の食べ物などと違って、「タバコがおいしい」と宣伝する必要はありません。アルコールでもタバコでも中毒者にとって必要なのは、体から麻薬が切れたのを補うことですから、味なんて関係ないんですよね。

タバコのマナーのCMで、「分煙された休憩室で仕事の合間にタバコを吸うお父さん的」なCMが流れていることがありますが、そんなCMを見るだけでタバコを吸ってる人は「ああ、やっぱり仕事の後のタバコはおいしいよな」って思い出すわけです。

ニコチン中毒者に対してこれ以上の宣伝はありません。せっかく禁煙した人にも挫折のきっかけを与えることができます。

だからJTはわざわざ高額な宣伝料をはらってまでタバコのマナーCMを流しているんです。ちなみに欧米では、青少年へのタバコの影響を考えて映画やテレビで不必要な喫煙シーンを入れることは禁止されています。

また学校ですらタバコの宣伝があります。小学校などでタバコの害について勉強しませんでした?保険の時間にタールで汚れた肺とか、タバコでかかる病気についてのスライドを見せられた記憶があると思います。 学校で教えなければ、タバコのことを一生知らずに過ごせる子供もいたかもしれないのに、大切な授業の時間をさいてまで教え込むには理由があります。

それはタバコを吸う人は自己責任だという印象を与えたいのです。「タバコが健康に悪いということは教えたのだから、吸う吸わないは本人の自由」という理由付けが目的です。

もしタバコが原因で癌などの病気になってもJTや国が「それは自己責任」だと言い訳して責任をのがれられますよね?世論もその様に傾きます。だからタバコの教育活動は重要なんです。

なぜかタバコは自己責任

皆さんは「たばこ訴訟」というのをしっていますでしょうか?テレビでは全然報道されませんが、タバコが原因で病気にかかった人が国やJTを相手取って裁判を起こしているのです。

普通に考えれば当前ですよね。体に有害なものがコンビニやらスーパーなどで手軽に買える様になっているのですから、訴えられて当たり前です。

もし、スーパーで買った牛乳で食中毒をおこしたらどうなりますか?被害者にたいして慰謝料も支払わなければなりませんし、あの雪印食品みたいに廃業に追い込まれるでしょう。「食中毒をおこす牛乳を買った人の自己責任だ!」とは絶対になりませんよね。

でもタバコは違うのです。タバコは明らかに健康被害を引き起こすにもかかわらず、平然と店頭でならべられていて買う人が悪者になるのです。中毒性があるのに吸うか吸わないかは本人次第で、それで死んでも本人の自己責任になります。こんなことがまかり通れば何でも販売できます。体に有害なものを売っても買ったほうの責任になるんですから。

政府の本音

私はタバコは法律で禁止するべきだと思っています。飲酒運転撲滅やら、メタボ検診するよりもっと多くの国民の命を救えるからです。でも政府はそんなことやりません。だって誰の金儲けにも利権にもつながりませんから。

それより国民をタバコ漬けにした方が、若い頃は所得税と煙税を2重にむしりとれますし、60歳になった頃に肺がんで死んでくれれば、政府は国民年金も払わず、医療費の負担もすくなくなるので好都合なのです。タバコの普及は政府にとって最高の財政政策なんですね。

だからこそ、政府はタバコを法律で禁止なんて絶対しませんし、裁判で国が敗訴することもありえないでしょう。普段は「国の仕事は国民の生命と財産を守ることだ」なんて綺麗ごと言ってますが、政府のプロパガンダは国民不在の金を使わせる経済政策だけです。

そんな政府がやってるキャンペーンが「めざましごはん」です。本当にあなたの健康を考えてくれているとおもいます?

[PR]

▲TOP

Copyright(C) Stress Less All Rights Reserved