サイクリング・水泳など

サイクリング 評価:★★★★★

私の一押しの運動です。自転車は膝に負担がかかりにくいので足を痛める可能性が低く、また適度な運動量もあるのでフィットネスに最適です。またウォーキングなどが同じルートになりがちなのに比べて、サイクリングは行動範囲がかなり広がりますので、色々なところに出かける楽しみが出来ます。

自転車は大きくわけて4つあります。@ロードバイク、AマウンテンバイクBクロスバイクCシティサイクル(俗に言うママチャリ)です。初心者が始めるサイクリングで一番良さそうなのはクロスバイクから始めるのが良いようです。

参考サイト
 

水泳 評価:★★★★

泳ぐのが好きであれば、水泳以上に良い運動はありません。水泳で全身運動をすれば体は引き締まりますし、有酸素運動で心配機能も向上します。水泳はキング・オブ・フィットネスと言っても過言ではありません。

マラソンやウォーキングなどと違い、関節などいためる危険性がありませんし、怪我のリハビリに水泳が使われるのは有名な話です。最近では市民プールなどが利用できる地域も多く、上手く利用すればジムに通うより経済的で長く続けられるかもしれません。難点はわざわざプールまで行く手間でしょうか?

ウォーキング 評価:★★

ウォーキングも好きであればお金もかからず良い運動法です。ただウォーキングは「ダイエットのため」「健康のため」にやっている人が多いのではないでしょうか?近所の道をぐるぐる回り続けるのが楽しくなりそうにありません。歩くのが好きというのであれば、ハイキングや山登りの方が趣味にもなって楽しめそうです。

マラソン 評価:★★★

「マラソンが好きだけど、太ってます」と言う人はあまり居ないはずなので、これも趣味にしてしまえば太る危険性がかなり低くなるでしょう。東京マラソンやホノルルマラソンなど目標となるマラソン大会もたくさんあって、走破する充実感は何ものにも変えがたいはずです。

ただ、マラソンは膝にかなりの負担がかかるので注意が必要です。特に年齢が上がってくると膝を痛めてしまう危険性が高くなります。ひざに水がたまりやすい人や、かつて膝を痛めたことがあるような人はサイクリングや水泳に変えていた方が無難です。

▲TOP

Copyright(C) "ストレス無しダイエット" All Rights Reserved